免疫力アップ

身体を温めるに徹する

この半年、身体を温める❗身体を冷やさない❗ 冷えたなぁ💧と思ったら温める意識❗

こんな感じで過ごして来ました。

私の個人的効能ですが      

 ※疲れにくい

 ※夜明けに足がつらない    

 ※肩こり、腰痛、座骨神経痛の痛みがほぼほぼない

 ※鼻炎、皮膚炎(アレルギー)がほぼほぼ出ない          

この内の座骨神経痛とアレルギーは、私にとって恐怖と不安の要因でした。

夜、お布団の中でも足がうずいて身体が痒くて眠れなくて

→→→眠れないから疲れが取れない

→→→疲れが取れないから疲れが貯まる

→→→疲れが貯まるから肩こり、腰痛、座骨神経痛の痛みが出てくる

→→→エンドレスで悪循環を繰り返すのです😢

こんな毎日はイヤなので【温める】を意識して、生活の中で取り入れられることを実践しました🎵

《びわきゅう》でお腹・お股(股関節)を温める。

《湯タンポ》を使って寝ている時もポカポカを意識 

《温泉》の天然のパワーを活用

《ストレッチ》痛い所の筋肉を優しくじっくり伸ばしていく

《糖質》を控える 

《運動》を生活の中に取り入れる 

《お湯》を飲む  

何らかの不調を持っていると感じているのなら【身体を温めて】くださいませ~

《びわきゅう》は皆さんがお持ちではないので実行できませんが、その他の事は取り組めます。

《湯タンポ》電気毛布・電気敷布は止めて昔ながらの湯タンポで、足先に置くのではなく、腰か股関節の辺りに置き温めます。低温やけどに注意

《温泉》はやはり良いですねぇ~💕実家の温泉が恋しいです。機会があれば温泉に行きましょう。こちらでは、安くても1回1000円ほどかかります。

《糖質》を控えましょう。パンや麺類の小麦系は腸を疲れさせるので、結局お腹が冷えてしまいます。

《運動》を生活の中に取り入れましょう。朝起きたら、肩をグルグル回したり、スクワット5回するだけでも成長ホルモンが出て頭が冴えてきます。

要するに血流だと言うことがわかりますよねぇ。

《お湯》を飲む。寒いなぁ~。冷えたなぁ~と思ったらお湯を飲むことをオススメします。

寒いと身体が強ばって思わぬところに不調が出ます。兎に角温めてくださいませ~。お腹が空いた時にも一旦、お湯を飲んで落ち着けて、糖質に手を出さないですむ。

なんて効果もあります。

やるもやらないも個人の自由なのですが身体を労ってあげて、これからも長いお付き合いをしてまいりましょうね😊

ではでは(^-^)/